NO,1

ハンマグラブ削孔時の掘削排土状況

オールケーシング掘削工法は地中に圧入したケーシングパイプ内に
ハンマグラブを自由落下させ、地山を掘削・排土する工法です。
地上10m付近から掘削土をベッセル(土砂箱)に投下します。
クレーンで吊られているグリーンのネットは土砂の飛散防止養生です。
水の飛散を防止することはできません。